わたしらしい暮らしの重ね方
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
啓の近況。
「あーべーじー♪ぐーじーじー♪」
と鼻歌を歌っていて、よくよく聴けばチューリップのうた。リズムと音程はバッチリで最後までしっかり歌えてたけど、歌詞は超テキトー。歌うたびに違ってる。
昨日は久々に楽しんごの「新羽田国際空港!」を見てすぐさま開脚していた啓だけど、これまでの「あばばっぽい!」ではなく「…っこう!」と何となく言えるようになってきた。
/ 08:38 / こどものこと。 / - / - /
啓語録。
午前中は皮膚科へ。
夫が通勤に途中で受付してくれたからすぐに終了。
処置してもらっている間、啓はベッドの傍らで心配そうに「たい(痛い )?」「あっぶ(大丈夫)?」と声をかけてくれた。

あんまり言葉は出てこないけど理解は出来ていて、お風呂入るよーと言うと脱衣場に来て靴下を脱ぎ洗濯機に「ぽい」と言いながら投げ込む。ちなみに靴下は自力で履けるようになり、今はオムツとズボンを履こうとよく自主練してる。
ご飯食べるよーと声かけすると自分の椅子を持って来て座りスモックを着ようとモゾモゾする。
パンを食べたいときは「あぷ」
ペンが欲しいときは「あぺ」と指差しする。
/ 01:35 / こどものこと。 / - / - /
どどすこ。

我が家では只今楽しんごが大流行り。
ゆうたんは踊り狂うし
啓も”どどすこすこすこ”と言いたいけどまだ言えなくて
”っこっこっこ”と未完成ながらも口ずさみながら踊り
最後のV字開脚の決めポーズと台詞もしっかり決めてくる。
ここでもやっぱり言えなくて”新羽田国際空港!!”を”あばば…ぶば!!”と言っていた。

/ 23:23 / こどものこと。 / - / - /
うんちじゃないよ。

啓のうんちは基本硬め。
ウサギのうんちのようなコロコロしたやつを出すこともある。
去年の夏始末していたら一粒オムツから落としてしまった。
それに気付いたのは啓本人で
私を連れてきて指差し「あっこ(うんこ)!!」と教えてくれた。
「よく気付いたね!!教えてくれてありがと!!」とたくさん褒めて以来
床に落ちている小さくて黒っぽいもの(毛玉とか何かの欠片とか)は全部うんちだと認識して
つまんで見せに来るようになった。

今日は2階でアイロンを掛けていたら
TVに夢中になっていたはずの啓が上ってきた。
何か私に用事があるような顔をしていて右手に何かを握っていた。
どうしたの?と声をかけると
得意そうに「あっこ!!」と握りしめていた手を開いた。
一瞬本当にそうかと思ったけれど
よくよく見ると昨日小学校でもらった朝顔の種。
あーびっくりした。
啓も今度こそ!!と思ったんだろうな。意気揚々としてたもん。

/ 23:23 / こどものこと。 / - / - /
ゆうたんらしく。

小学校の校庭で仲良く遊んでいたと思ったら
お揃いでこちらに戻ってきた。
最初に到着した子が「あーあ、濡れちゃった」と膝下が濡れた左足を見せた。
2番目にやってきたゆうたんは泣きじゃくっていて何やら言っている。
「ごめんねって言ったのに許してくれない」だって。

よくよく聞くとゆうたんがその子を押した拍子に足が池に入ってしまったらしい。
ゆうたんはそこに池があると気付いていなくてわざとじゃなかったと
謝ったのに「いいよ」って言ってくれないとずーっと言っていて、
その子は別に泣くことじゃないと
「あ〜ぁ足が濡れて冷たい」とずーっと言っていた。
口調はそっけない感じだったけれどその子も別に責めているわけではないようで
確かにこの寒さじゃそう言ってしまうのも当たり前のこと。
でもゆうたんは責められているように感じて涙が止まらなかった。
私はこういうとき、もしゆうたんがその子の立場だとしたら
相手のお友達が気にすると可哀相だからこの場合「冷たい」とかむやみに言わないのよって教えてきたし
ゆうたんも言わない子になっている。
だからこそ逆に気にしちゃうようになったのかな…とも思い。。。
ゆうたんは感情に関して細かいから
そうやって気にしすぎて打たれ弱いところがある。
反面すごく私のことを気遣ってくれたりいいところもたくさんあるけれど
ゆうたんのこれからのためにもう少し図太くなって欲しいところ。

まぁ親はこうやってあれこれ考えるものだけれど
これも子どもそれぞれの個性なのよね。
人に迷惑をかけずゆうたんらしくのびのびと…結局望むのはこれだけ。

「なんで〇〇くんはあんなに何回も意地悪を言ったんだろう。
 お母さんはそういうことがあったらいつもゆうたんに言うじゃん。
 〇〇くんにも言ってやればよかったのに。」
帰り道にそう言われた。
「〇〇くんは意地悪で言ってたんじゃないみたいだよ。
 まぁ濡れて冷たかったのは本当だし、
 わざとじゃなくてもゆうたんが押しちゃったんだから。
 ああして何回も言ってたのがゆうたんだったら注意したかもだけど
 〇〇くんのことを言うのは〇〇くんのお母さんのお仕事だし
 言うか言わないかはお家によって違うからね。」
まだ不満気な顔。
「お母さんはゆうたんがちゃんと謝って偉かったと思うよ。
 それで正しかったと思う。ゆうたんのことちゃんと解ってるよ。」
最後にそう付け加えた途端
ゆうたんの表情がパッと明るくなった。急に自信とやる気を取り戻したような。
その判りすぎる変化に私が驚くくらい!!

それからはおやすみを言うまでずっとお利口さん。
明日からはまたお友達と仲良く楽しくね^^

/ 22:19 / こどものこと。 / - / - /
啓のかんしゃく。

4時に起こされた。
啓がかんしゃくおこして泣きわめいてた。
抱っこじゃなくておんぶ!!立ち上がって!!といろいろ注文つけながらも泣き止まない。
「ちゃちゃ飲む?」と聞くと「おんむ(飲む)」と言うので台所へ。
コップを持ったままチョロチョロして
わざとこぼすよ〜って動作をしたりとにかく反抗的。
今日の最低気温は-2℃で本当に冷え込んでいて
そのうえにお茶をかけられてはたまらないので
「いい加減にしなさい!!」と叱りコップも取り上げてまた寝室へ。
めそめそしながら5時前にやっと寝てくれた。

いつもは本当に自由で人懐っこい啓だけれど
こうやってどうしようもなくなる時も最近出てきた。
啓の中で何か変化が起ころうとしている成長の証。
「も〜」ってなるけど
ゆうたんのあの反抗期に比べるとまだまだ可愛いもの。

ゆうたんのときは私も腹が立って
そのどうしようもない感情を受け止めてやれなかったな〜と
こうなる度に思ってしまう。

/ 22:29 / こどものこと。 / - / - /
手裏剣マンのその後。

泣きながら寝たゆうたんが可哀想で
昨夜は寝かしつけたあとに手裏剣を6つ作って並べておいた。
私なりにカッコいいと思われる色合わせで。

朝起きてきたゆうたんはケロリとした様子で
「わ〜手裏剣がいっぱいになった!!
 みんなに配ろうかな〜^^」
そう言いながら啓に取られないように背伸びしてタンスの上へ。
そこはゆうたんの大切なゲームカードとかノートとかでゴチャゴチャしてる。
でもここが啓に触られない唯一の場所。
号泣したことにはあえて触れずにいたら
「手裏剣のことだと泣くんだ〜」って少し恥ずかしそうに自己申告してきた。

/ 23:36 / こどものこと。 / - / - /
1/1PAGES